製造企業は、ロボット工学と自動化を使用して、プロセスと反復タスクを合理化および最適化し、部品または製品の製造速度、再現性、および品質を向上させます。 製造業が10年前に夢見ていたことは、今や現実のものになりつつあります。 それは、製造業で第四次産業革命を引き起こす高度な技術です。

 

製造企業は、ロボットベンダーやJR Automationなどのインテグレーターと提携して、マテリアルハンドリング、組立、溶接、その他の生産ライン内のプロセスなどを戦略的に改善しています。 

自動化は、次のような主要なパフォーマンス領域にメリットをもたらします。

  • 正確さ
  • 再現性
  • 品質
  • サイクル速度
  • 職場の安全と人間工学

 今はインダストリー4.0の時代です。 メーカーと自動化企業は、ロボット工学の速度と精度を人工知能とビジョンの敏捷性と組み合わせて、ロボット工学と自動化を使用する新しい方法を開発しています。 自動車組立工場、eコマースの流通大手、医療/ライフサイエンスを扱う工場は、これまでになく迅速に需要の変化に対応できます。

 

インダストリー4.0は、メーカーの製品製造方法に多くの変化をもたらす扉を開きます。 企業は24時間年中無休の生産ラインを実装し、ソフトウェアを使用して、従業員だけで行うよりもはるかに迅速に生産分析と品質検査を完了しています。 視覚誘導ロボットは、エラーを減らし、サイクルタイムを改善することが証明されています。

自動車

自動車産業は、ロボット工学を統合して部品の溶接、ボディの組立と塗装、シーラントの塗布などを行うことで、生産ラインに革命をもたらしました。 私たちの顧客は、モーター、ギアボックス、燃料システム、およびポンプのラインを自動化しています。 

 

顧客が自動化機械を統合してドアガスケットを製造するのをどのように私たちが支援したかをご覧ください。

家電製品

小さな電子回路を備えたパーソナルデバイス、または電子部品を備えた大きな電気製品でさえ、高精度な自動化製造の恩恵を受けることができます。 私たちは、大小さまざまな家電製品を製造している顧客と協力して、組立およびプロセスシステムを改善しています。

自動化は、最適化された生産ラインの多くの利点を実証するために戦略的でなければなりません。 ロボット工学、ビジョン、ソフトウェア、人工知能はビジネス目標を達成するためのツールですが、企業はそれらを慎重に選択して統合する必要があります。 新しい資本設備が解決すべき問題を解決し、ビジネス目標を達成するための適切なプロセスを改善するには、経験豊富なインテグレーターと提携することが重要です。

 

JR Automationは、教育と課題の特定を専門としています。 お客様が戦略的かつ実践的な観点から自動化に取り組めるよう支援します。 複数の業界で働いている私たちの経験を新しい課題に直面した時、活用し、将来を見据えています。 私たちのエンジニアチームは、ソリューションを作成または統合して、将来のトレンドに適応できます。

プロジェクト管理
結果の提供
私たちのプロジェクト実行プロセス(PEP)は、独自のフェーズゲートアプローチを使用して、自動化ソリューションを管理および提供します。 この高度な方法により、グローバルチームが常に一致し、プロジェクト計画を改善し、効果的なスケーリングが可能になり、常に経験から学び、改善できるようになります。 このプロセスは、製品ライフサイクル管理(PLM)システムと一緒に適用され、効果的なコラボレーションを促進し、部門の枠を超えた製品開発データを統合し、下流の製造システムに統合します。 結論として、私たちは、常に卓越性を提供するための人材、プロセス、およびシステムを備えています。

 JR Automationは、ファナック、ABB、安川電機などの産業用および協働ロボティクスのリーダーと長年のパートナーシップを持つ製造自動化企業です。 私たちのエンジニアとインテグレーターは、ソリューションを設計およびカスタム構築したり、既存の資本設備と連携させて生産ラインを改善したりできます。

 

最も重要なことに、私たちはすべての自動化がお客様のビジネス戦略と一致していることを確認します。 明確な目標を達成するようにシステムを設計し、検証して目標を確実に達成します。 インダストリー4.0はさらにイノベーションを推進します。 自動化は、お客様の顧客にサービスを提供し、競合他社に先んじるための強力なツールとなります。

Contact Us
Let’s start a conversation

JR Automationは、世界をリードするメーカーと提携して、カスタム自動化ソリューションを設計、構築、統合しています。 私たちの勤勉な働きと創造性によって、皆が不可能だと思ってきた機会を発見できることを何度も証明してきました。

Eメールアドレス: [email protected]

電話番号: (833) 800-7630

background-image