We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


組立ソリューション

組立ラインの自動化とは?

組立ラインの自動化には、メーカーの最終製品を徐々に生産する組立ステーションやプロセスステーションが関係しています。 これらのラインでは、ロボット、コンベア、ビジョン、その他の自動化技術を展開し、自動化された生産順序の各ステップで部品または製品を動かしながら、複数のステーションで生産タスクを完了させます。 組立ラインの自動化には、リーン自動化、柔軟な自動化、および固定またはハードオートメーションを含む、様々な形があります。

自動化ソリューションは、1つですべて解決できるわけではありません。 特定のニーズを満たし、生産業務の問題を解決することに向けたシステムを統合することによって、最高の投資利益率を得ることができます。 数多くの自動化があり、それには台上組立ステーション、半自動ライン、リーン自動化、連続移動、固定自動化、柔軟自動化が含まれます。 これらの種類の組立ラインの自動化の違いについて理解するため、以下をご覧ください。

完全に自動化された生産ラインとは、実質的にほとんど、または全く人による介入がなく、機械によってすべてあるいは一部のプロセスを完了させる機器およびシステムを指します。 完全に自動化された生産環境では、従業員が関与するのは通常、製品レシピを機械のインターフェースにロードすることだけで、その後は、製品のコンポーネントをそれぞれの供給システムに投入することが必要になる部品の補充などの問題についてシステムを監視、監督するだけです。

半自動システムは、手動で部品を治具やその他の器具に載せ、機械のコマンドを起動するために、人による介入を取り入れています。 このタイプのシステムは人間がオートメーションと隣り合わせで作業することが含まれる場合があります。 例えば、作業によっては人が取り扱えるよりさらに器用さが求められることがあり、協働ロボットや他の自動化補助システムを追加することができます。 他の例では、従業員が部品や製品を組立ステーション間で移動させることを担当し、それらのステーションにある自動化システムが反復作業を完了させることができます。
Automotive Assembly System
Lean Manufacturing

今日、多くのメーカーは全体的なリーン製造戦略に従っており、これによって付加価値が生まれる組立プロセス内のステップに自動化を加えるだけとなります。 これらのシステムでは、自動化によってプロセスのどこで付加価値が生まれ、どこで生まれないかを理解するために包括的な調査を行います。これらのステーションでは、人がタスクを実行するという基本に戻ります。 会社では、生産ライン全体に付加価値が生まれない限り、ロボット、コンベア、その他のシステムなどの技術をこの種の自動化に取り入れることはしません。  逆に、自動化が価値を増加させるのであれば、メーカーは投資を行い、それを採用するかを選択することができます。 例えば、厳選された製品を小数生産しているメーカーは、自動化を追加するために必要となる資本投資をしても投資利益率(ROI)があまり良くなく、移動のために高速なロボットを導入する代わりに従業員が部品を自分たちで移動させ、保管する方がより費用対効果がいいことになります。

連続動作技術は高処理能力の製造オートメーションでの主要な要素となります。 この組み立て技術では、通常手作業や半自動のオートメーションによって絶対に達成できない高い処理スピードを達成し、サイクル時間を最適化するために機械またはサーボによるカム、器具そして時折機械ビジョンを使用することが含まれています。 連続動作の利点には、より高い総合設備効率(OEE)、サイクル時間の短縮、そして主に次の組立/処理ステーションへの資材の移動にかかる時間が最適化されることによるシステムの処理能力の増加が含まれます。 通常、アセンブリが同一で、一貫した製品を作っているメーカーはアセンブリラインに連続動作技術を組み込むことによって益を得ます。 サーボ方式のカム技術の発展はこの技術の可能性を、高いスループットを必要とする医療機器アセンブリや充填用途といったエリアに拡大しています。これらの例では連続動作が成長しています。

Continuous Motion

固定またはハードオートメーションは、製品のために特別に作成され、特定の製品に専用となる器具のため柔軟性の余地のないハードツールオートメーションプラットフォームを使用する用途向けです。 固定またはハードオートメーションでは、システムの特定の部分で使用することが可能になるまで価格が下がっているためロボット、ビジョンそして他のテクノロジーを使用し始めています。しかし、これらの製品は、このような用途では実際には使用されていない柔軟性も備えているため、コストがハードツールステーションの範囲内であれば、使用する意味があります。 これは主にハードまたは固定オートメーション用途では製品を組み立てる方法が毎回同じように行われているからです。 通常の用途ではマテリアルハンドリングと関連するコンベアシステムが含まれます。 これらの用途は従来の手作業の方法よりかなり速く繰り返しできるものです。 しかし、オペレーターは新しい製品毎に器具を入れ替えテクノロジーを再度プログラムする必要があります。

 

それと比較して、プログラム可能なソフトオートメーションの用途は、柔軟な自動化として知られています。これは、あらかじめプログラムされたレシピにより製品の変更が容易であるため、ダウンタイムがほとんど、あるいは全くなく、新しい部品や製品にオペレーションを適応させることができるからです。 結果としてこれらの用途では固定オートメーションほど大量の生産高はありません。

生産ラインでの自動化の利点には容量を拡張し、品質を高め、単位当たりの生産コストを下げることが含まれ、会社がより高いROIを得ることができます。 製品の複雑性、組み合わせなどに関連した正しいオートメーションを取り入れることに取りう組む会社は相当な労務費の節約と品質の再現性を達成することができます。 従来の手作業のみによる組立てと加工では誤差の可能性と生産の廃棄物が増加します。さらに手作業では工場の労働力の供給源を確保するため従業員の出勤にかかっていました。これはパンデミックなどの想定外の状況にあたって特に課題となりました。 自動化ソリューションは限られた人員で稼働し、エラーとスクラップを削減し、生産性を増加させ、製品の単位原価を下げ、最終的な損益に資金を回せるようにします。

各顧客のアセンブリのニーズに特化した想像力豊かな自動化ソリューションを提供する幾年にもわたるJR Automationの経験、規模そして取り組みは、お客様の生産を将来へつなぐ助けとして堅実な選択肢となります。 当社のエンジニアは世界的なネットワークで働いており、コンセプトの証明を築き、市販のものでは見つからない特化した機械を製造し、機械レベルから工場全体のERP.MRPシステムのすべての制御を含む第三者の機械も組み込みます。 マテリアルハンドリングとすべての梱包作業では、JR Automationは、コミッショニング、トレーニングそしてアフターマーケットサポートを含む完全なパッケージを提供することができます。

 

JR Automationは1990年代からデジタルによる自動化の経験があり、最先端を切り開いてもいます。 機械へのデジタルインターフェイスの取り付けから生産機器の遠隔監視まで、JR Automationは重要な業務上の決定を下すために必要な分析データを貴社の経営陣が入手できるようにします。 当社は、お客様がその施設を最高水準に保つてるよう最新で最高のテクノロジーを常に促進しています。 JR Automationはソフトウェアをカスタムする当社の所有する人工知能プラットフォームから、ロボット、そして複雑なビジョンソリューションまで、貴社の製品をより速く、そしてより低いリスクで生産する方法を見つける手助けをし、貴社の経営陣と株主を満足させる投資利益率を提供します。

組立ラインの自動化についてさらに知る
background-image