We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


インダストリー4.0のトレンド

製造の自動化の将来

製造の自動化はすでに起きており、ビジネスの方法を変化させています。 自動車から電子機器から食品加工まで、社会の全ての階層で自動化は進んでおり、当分の間は減速しないでしょう。 急速に進化する市場で競争力を保つ方法を探しているメーカーは、施設を時代とともに進化させるための新しい発明や戦略を常に探しています。 次に施設に行えることをリサーチしているのなら、製造の自動化におけるこれらのトレンドを考慮するのは良いかもしれません。
先進自動化用途では、小数点以下の秒数も重要です。 より多くのメーカーが自動化を導入したり自動プロセスに投資するにつれ、高速および高スループットがより不可欠になると予測します。 多くの顧客に見られるのは、工作機械とビジョンを連携させて手作業では達成できないような高速のサイクルレートを実現させる連続動作への傾向です。 連続動作には、ダウンタイムの削減、サイクル率の向上およびスループットの向上などのメリットがあります。

自動生産ラインがより高度になるにつれ、より多くのデータが生産されます。 モノのインターネット(IoT)の出現に伴い、メーカーは生産ラインの戦略的な計画決定を行うためにデータの優先順位付けと分析に取り組み始めています。 より多くの顧客から機械にHMIを追加させたいという依頼を受け、施設内のどこからでも顧客の製造実行システム(MES)と会話するSCADAシステムを統合させました。 今後、より多くのメーカーがデータを詳細に分析し、トレンドや設備の状況、問題点を把握しようとするでしょう。 スループットの増加に伴い、部品と製品を追跡するためのデータに対するニーズは高まっています。

 

HMI and screen monitoring robot
High-speed camera on assembly line

ビッグデータのトレンドに関連して、高度なビジョンアプリケーションはより多くの製品品質データを生成し、メーカーは欠陥のある部品や問題のある場所を見つけるために利用できます。 メーカーは、ハードウェアセンサーを離れ、高速度カメラまたは3D画像で点検プロセスをアップグレードすることができます。 先進ビジョンシステムにはAIシステムに欠陥を認識するように教える協働するハードウェアとソフトウェアが含まれ、品質アナリストとプロセスエンジニアがこのデータを使用してプロセスを改善しミスや廃棄物を削減することができます。

 

将来的には、生産ラインは人と製品のやり取りをさらに最小限に抑えるようにすると予測しています。 例えば、食料や飲料を扱う会社は衛生性を高めるために人と食品の接触をなくす機会を探すでしょう。 メーカーはこれからもラインのオペレーター数を減らし、監督や手先の器用さが必要となる役割など、自動化できないタスクをこなすためにオペレーターを再教育していきます。 自動化はより信頼でき、必要なダウンタイムが少ないので、より多くの施設が自動化システムで24時間稼働するようになってきています。

 

MicrositePic1

新型コロナによるパンデミックは製造業界にとって大きな挑戦となりました。 企業が従業員を安全に施設に入れることができない場合、ロボットによるシステムは素晴らしいソリューションです。 先進自動化システムで、リーダーはリモートで機器を監視することさえ可能です。 企業が従業員の間の距離を確保したり製造自体を休止しなければならなかったときに自動化の価値は明白になりました。 企業は自動化のメリットが初期費用を超過できることを悟り、先進ソリューションに投資する準備が整いました。
自動化の道に進む、または新たに施設の自動化システムに投資する前に、自動化ができること、施設に最適な仕方で利用する方法についてリサーチすることは重要です。 自動化は製造ライン全体の効率とスループットを高める戦略の一部として利用されることがあります。また、安全面の理由で設置されることもあります。 JR Automationは、問題点を識別し、その問題を解決するためのターンキー自動化ソリューションを設計するために顧客の相談に乗ってきた数十年にわたる経験があります。 顧客が製造の自動化の将来に用意ができているように、将来においても有効な自動化ソリューションを提供する専門家です。
製造の自動化についてさらに知る
background-image