We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


インダストリー4.0のトレンド

製造業がロボット工学と自動化をどのように使用するか

様々な産業のメーカーは品質の改善、生産性の向上、そして労務費の節約のために自動化を選択しています。 メーカー会社は生産タスクを完了させるために複数の型のロボット工学、コンベア、ビジョン、または他の自動化テクノロジーを組み込むことができます。 メーカーがその生産ラインを改善するためにロボット工学と自動化をどのように使用しているか学ぶことができます。
メーカーの自動化には、生産プロセスを合理化し最適化するためにロボット工学、ビジョンおよびソフトウェアを含む高度な技術を使用することが含まれます。 メーカーの自動化は重要な部分で部品や製品を取り扱うために自動ロボットを使用するなど、様々な形があります。 製品の欠陥を見つけるために人工知能や高速カメラを使用することが含まれることもあります。 多くの製造業者が、単独のロボットから完全な自動化生産ラインに至るまで少なくとも一つの自動化に投資します。

自動化は従来従業員によって行われていた作業を削減あるいは置き換えるためにロボットや機械を使うことと同義になってきました。 しかしロボットは製造産業において自動化がどのように働くかの一部にすぎません。 3または6軸のロボットアームのロボットはマテリアルハンドリングやピックアンドプレース作業に使用でき、労働だけで行うより速く効率的に完了することができます。 これらの産業ロボット用途は、コンベア上で部品の向きを整えたり、重量物を持ち上げたりといった大容量で再現性の高いプロセスを改善することができます。 制御エンジニアはロボットを毎回同じ作業を同じ仕方でするようにプログラミングすることができ、さらに高度な技術を使用して柔軟にプログラミングすることもできます。

Multi-robot dial table cell for the automotive industry

すべての製造業者がその生産ラインのすべての部分でロボットを使用するわけではありません。 メーカーは問題を解決するソリューションを探す前に問題を識別する必要があります。 ロボットは少量で繊細な生産プロセスには正しいソリューションではないかもしれません。 こうした理由のため、メーカーは選択するソリューションが効率、アップタイムそして品質を確実に向上させるために、経験のあるロボットインテグレーターと協働する必要があります。

ロボット統合についてさらに知る

JR Automation Business Integration Process

利用できる自動化ソリューションは、ロボットだけではありません。 カスタマイズされたソフトウェア、モノのインターネット、その他の高度な技術を含むデジタルソリューションは貴社の機械同士が通信し合い、オペレーター、エンジニア、品質管理チームそして経営陣により良いデータを共有します。 ソフトウェアとネットワークソリューションは組立プロセス、品質検査、そして在庫管理を改善することができます。 さらに、デジタルソリューションは経営陣が成果を測り生産計画を改善できるよう分析を抽出します。

 

JR Automationのソフトウェアおよびデータエクスペリエンスについてさらに知る

 

メーカーがロボットを使用する用途には主に二つの典型的なものがあります。 反復的な用途、そして順応性や柔軟性のある用途です。 一部のメーカーはロボットをマテリアルハンドリングや組み立てなど反復する単調な作業のために使用します。 通常、産業ロボットはこれらの作業をより速く行い再現性と品質を改善します。 反復または固定自動化の一般的な利用法には以下のものが含まれます。

  • マテリアルハンドリング
  • ピックアンドプレース
  • マテリアルディスペンシング
  • マテリアルリムーバル
  • パレチゼーションおよびでパレタイジング
  • 溶接
  • 組立 

二つ目の一般的な利用法は順応性のあるまたは柔軟な自動化です。 ロボットと自動化がさらに高度になるにつれ、自動化されたロボットはさらに柔軟で順応性のある作業を割り当てられることがあります。 ロボットを同じ動作を何度も繰り返すようプログラミングする代わりに、他の技術と組み合わせた一部のロボットはシャットダウンや再プログラミングの限られた時間で異なる部品や製品に適応することができます。 メーカーは柔軟な自動化を遠隔監視および遠隔プログラミングオプションと組み合せ、現場の外から観察し変更できるようにします。

 

今日の製造用協働ロボットでは、近接した場所でオペレーターが安全に働くことができます。 協働ロボットは、以前オペレーターが行っていた単調な作業を行うためにロボットを使用することにより、施設での労働力を最適化することを可能にしました。 

ロボットと自動化による製造業へのメリットは何重にもなります。 ロボットと自動化ソリューションを生産ラインに取り入れるメーカーは、生産性、正確性、再現性、そして品質を向上させることができます。 ロボット、ビジョン、コンベア、力検出および他の高度な技術を全体の自動化ソリューションと組みわせた顧客は高い投資利益率を得、機械から得たデータを使用してより良い戦略的な計画を策定してきました。
Integrated robotic system that produces sunroofs for automobiles

自動化およびロボットはゴールを達成するためのツールですが、それらは戦略ではありません。 経験ある自動化のパートナーと働くことは自動化の正しい計画を立てる上で助けになれます。 明確な問題点と測定可能な目標があるメーカーは、自動化ソリューションが正しい位置付けで生産プロセスの価値を確実に付加できるようにします。 JR Automationには、自動化ソリューションで顧客の生産ラインの改善のサポートしてきた数十年の経験があります。


製造業での自動化とロボットソリューションは拡大しており製造工場を変化させ続けています。 メーカーは機械をネットワークに接続しそのデータを決定に利用することで業務を向上させることに気が付きました。 そしてそれはインダストリー4.0の始まりにすぎません。

製造業の将来をさらに知る

製造の自動化についてさらに知る

Learn More About Manufacturing Automation

background-image