We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


倉庫とロジスティクス

自動化の活用方法

従来の倉庫プロセスは、長くて退屈な仕事に非常に多くの時間と労働を要することで知られていました。 これらのプロセスを自動化したり、排除することができるとしたらどうでしょうか? 倉庫管理の自動化とは、ソフトウェア、機械、センサー、コンベアなどのソリューションを組み合わせることで、反復的な作業を従業員だけで行うよりも高速に行うことです。 そのメリットには、効率性と生産性を改善しつつ人件費を削減し、人間工学の改善により安全性を向上させることが含まれます。

 

A warehouse floor is a bustling place. Many processes go on in warehouses simultaneously, and they can benefit from logistics and material handling automation to keep things running smoothly. Receiving, picking, and packing goods at distribution centers or ecommerce centers could be made easier with robots and conveyance systems working alongside employees. We'll review the most significant automation opportunities within receiving, picking, packing, palletizing and dispatching, and put-away processes.

製品が最初に倉庫に持ち込まれる際、データの正確さは重要です。 SKUまたはASNを正しく素早くスキャンすることは、次のプロセスの成功につながります。 受け取りの際のエラー率は小さかったとしても、積み重なると製品の返品や顧客の不満につながります。 受け取りプロセスの一部またはすべてを自動化することで正確さを改善できます。 トラックの荷下ろしは通常は人手によって行われますが、マテリアルハンドリング、コンベア、および製品のスキャンをロボットやビジョンで自動化することは、ミスを削減し生産性を向上させます。

 

受入とピッキングの両方において、物理的なマテリアルハンドリングプロセスの自動化や、データ入力とデータ管理の最適化が有効です。 ピッキングプロセスのトレーサビリティー、正確性、効率性を向上させるために、企業は以下のような複数のシステムを利用することができます。

  • ピックトゥライト(Pick-to-light)
  • プットトゥライト(Put-to-light)
  • グッズトゥパーソン(Goods-to-person)
  • RFSS

ピッキングシステムの自動化やスマートピッキングシステムには、在庫の仕分けや製品のグループ化、搬送システムによる製品の移動などを行うロボットを組み込むことが含まれます。 ピックトゥライトとプットトゥライトシステムは従業員が正しいエリアから商品を取ったり置いたりするためのガイドとしてLEDライトを使用し、製品をスキャンし追跡するためにロボットを使用する場合もあります。 これらのシステムはペーパーレスで、製品を探すためにかかる従業員の時間を削減し、正確性を改善します。

Pick and Place Robotics Applications

JR Automationは、自動マテリアルハンドリングソリューションの大手プロバイダーです。 当社のRFSSシステムはどんなときでも手元にあるものについてリアルタイムな可視性を持つ在庫管理のための正確なソリューションです。 選別作業中に必要となる物理的な動きを自動化します。 これは、ワークフローの効率化、スループット率の向上、人件費の削減、ビンやラック、トートへのアイテムの置き忘れや誤配置によるエラーの減少、反復運動による怪我のリスクの低減、そして商品がこれまで以上に速く届けられることによる顧客サービスの向上を意味します。

倉庫内の製品のパッキングおよび保管は自動化を統合させる主要な機会です。 どこでどのように製品をまとめて梱包するかを管理することはロジスティクスとマテリアルハンドリングにとって挑戦となり得ます。 幸いなことに、ケース組立の最適化やロボットを活用してケースパッキングするなど、技術を用いてこれらのプロセスを合理化する複数の方法があります。 大規模な流通センターには、パッキング、スキャン、ラベルの貼り付け、および出荷のための製品の準備などSLAMラベルプロセスの一部に自動化された部分があります。

 

自動化によって、マテリアルハンドリング、梱包準備、そして出荷のためのオーダーの取りまとめを改善することができます。 倉庫はピッキングや受入をしてきたように同じシステムを発送および出荷処理に使用することができます。 たとえばターンテーブルまたは運搬車によりグッズトゥパーソンピッキングおよび梱包、商品の回収をして、従業員のところに持ってくるために自動保管および受入システム(AS/RS)を組み込むことができます。 ロボットパレタイザーは、手作業のみの場合と比べてより大容量かつより高いサイクル率で大型のパックやトートを準備することができます。 発送及び出荷のために自動化された倉庫のロボットは次のとおりです。

 

MicrositePic1

Putting away stock from receiving is one of the most traditionally manual processes within large warehouses. Depending on the type of facility, put-away processes can be complex, including sorting boxes or totes with many kinds of products. Just like receiving and picking, data accuracy is crucial. Companies can turn to multiple machines and intelligent systems to make these processes faster, more ergonomic, and more accurate. Systems include:

  • Automated forklifts
  • AS/RS shuttles
  • Mini-unit load cranes
  • AGVs and AMRs
JR Automationは、グローバルな倉庫自動化のインテグレーターです。 受入、ピッキング、保管および発送の物理的なプロセスを自動化する革新的な製品を設置します。 施設を拡大しようとする顧客と共に働き、新しい施設に最適なソリューションを提供したり、他の顧客が時間と労働を節約するために既存のラインに新たなシステムを追加したりする手伝いしてきました。 倉庫のタスクを自動化することで、効率が向上し、仕分けとピッキング率が上がり、人件費が削減され、ミスが減り、カスタマーサービスがより良くなります。
今すぐソリューションを始める
background-image