We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


自動化ソリューション

医薬品製造

創薬からデリバリーデバイスの開発、そして最終的な包装まで、医薬品の製造のすべての段階で革新的な組立およびプロセス自動化のソリューションを提供しています。 経験豊富なエンジニアチームがお客様と協力して、お客様のニーズに合ったカスタムソリューションを設計します。

医薬品業界は急速に変化しています。 よりパーソナライズされた患者ケアへの要求が高まる中、医薬品、ドラッグデリバリーシステム、より高い生産要求により、製薬会社はラインの適応と最適化が求められています。 医薬品メーカーにとっての課題は、厳格な安全基準やFDA検証基準を満たすことです。 プロセスは、速く、効率的、かつ正確でなければなりません。 医薬品製造における自動化とプロセスの最適化は、タスクの合理化とパフォーマンスの向上をもたらし、次のようなメリットがあります。

 

  • 高いスループット
  • 設備総合効率(OEE)の向上
  • 柔軟性の増加
  • 切り替え時間の短縮
  • 品質の安定と向上
  • トレーサビリティーとシリアル化
  • デジタルモニタリングとプロセス制御
  • 無菌性の向上
  • 生産コストの最適化

Medical CleanRoom

様々な医薬品や治療薬の開発・試験には、繊細な化学反応や精密な加工が含まれます。 これらのプロセスには、非同期、同期、連続、またはそれらの組み合わせがあるため、特定のアプリケーションにどれが適しているかを理解するには経験が必要です。 1990年代以降、当社は製薬企業のお客様が創薬、プロセス開発、治療薬、ワクチン開発、薬剤処理システム、無菌/無菌状態での供給装置のためのFDA検証済みの自動化など、 医薬品製造に自動化 を統合することに成功してきました。 当社のお客様は、世界各地の製造施設において、生産スループットの向上、安全性と品質の改善、全体的な効率の向上を実現しています。

JR Automationは、FDAの承認を受けた、無菌・無菌製剤、ロボットを用いたマテリアルハンドリング、および薬物供給装置の関連組立システムを提供しています。 当社の生産システムには、次のような用途が含まれています。

  • 糖尿病監視装置およびインスリン治療製品
  • 薬剤を塗布したものを含む、循環器用機器
  • ロボットラボ/創薬
  • 核医学
  • 人工人体組織
  • ワクチン処理 - ヒトおよび動物
  • 関節炎や癌治療のためのバイオテクノロジー
  • 鶏卵のin vitro/in ovoプロセス 

製薬業界では、何百万もの部品や製品を生産していますが、これらは慎重に追跡調査やテストを行い、規制基準を満たさなければなりません。 JR Automationは、無菌医療機器、動物用医薬品、人工人間組織を安全・安心に製造する再生医療製品など、さまざまな用途に応じたプロセスシステムを開発しています。

 

私たちは、大量生産のためにISOクリーンルーム環境を必要とする製品や、供給/医薬品の取り扱いや保管のための製品などを含む自動化用途を設計し、統合してきました。 当社の広大なバックグラウンドは次のとおりです。
診断薬、簡易免疫測定、輸液セット、カニューレアセンブリ、生化学・細胞創薬、核医学、体外診断薬、注射剤、薬物供給システム、鼻腔スプレー、吸入器、注射ペン、プレフィルドシリンジ、経皮パッチ、性別選別卵、ワクチンシステム、バイオマテリアル
医薬品製造の自動化について問い合わせる
background-image