background-image
Robotic Automation for Aerospace
Play

The Impact of Automation For Aerospace

The Impact of Automation For Aerospace
成長を加速させるイノベーション。

当社は、民間航空宇宙および防衛市場の主要なOEMおよび一次または二次企業のために革新的な製造ソリューションを設計および構築します。 世界中に安全な施設とネットワークシステムを持ち、最先端の思考と時間通りの提供に重点を置いている当社は、航空電子工学および軍事製造プロジェクトの信頼できるパートナーです。

AeroDef Sim & SCADA Picture
Play

Automated Sealant Dispense & Inspection

Automated Sealant Dispense & Inspection
23
グローバルエンジニアリング施設
2,000+
私たちのチーム
日立はJR Automationの買収を完了する
日立製作所 JR Automation Technologies, LLCは、Crestview Partnersが管理する基金により、日立によるJR Automationが主に運営していたロボット工学SIビジネスの買収を完了したことを発表しました。
今すぐカスタムソリューションの構築を開始する
先進用途
未来を設計する
当社の先進用途チームは、これまで不可能だったことを可能にするために取り組んでいます。 オープンマインドな概念を探求する場合でも、顧客と協力して複雑な課題への新しいアプローチを特定する場合でも、先進用途ラボの研究開発努力により、溶接、ディスペンシング、ビジョンシステム、ロボット工学などの画期的なソリューションが生み出されました。 実現可能性テストと概念実証からプロセスとプロトタイプの開発まで、当社は斬新なビジョンを実現させるチーム、スキル、経験を持っています。
Wing Skin Topology Verification
CASE STUDY
目標とされたのは、ジャンボジェットの翼用外板の複雑な圧延された表面と厚さがメーカーの許容範囲を満たすことを検証できるソリューションでした。 2インチ以下の曲がりは許容されているものの、大きな温度の変動のある工場環境では0.02インチよりも高い精度を維持する必要があります。 外板は高さ10フィート長さ110フィートで、厚さが0.25から2インチまで変動します。




Technical Capabilities Involed:

  • software data integration
  • micro precision applications
  • inspection testing
Wing Skin Topology Verification
5
自分の目で確かめる
私たちのグローバル施設を訪問して、私たちのチームが取り組んでいることをご覧ください。
ツアーをリクエストする
プロジェクト管理
結果の提供
当社のプロジェクト実行プロセス(PEP)は、独自のフェーズゲートアプローチを使用して、自動化ソリューションを管理および提供します。 この高度な方法により、グローバルチームが常に一致し、プロジェクト計画を改善し、効果的なスケーリングが可能になり、常に経験から学び、改善できるようになります。 このプロセスは、製品ライフサイクル管理(PLM)システムと一緒に適用され、効果的なコラボレーションを促進し、部門の枠を超えた製品開発データを統合し、終了段階の製造システムに統合します。 結論:私たちは、常に卓越性を提供するための人材、プロセス、およびシステムを備えています。
Project Execution Process Model
Play Video

The JR Automation Process

The JR Automation Process
認定エクセレンス
ISO 9001:2015登録済み
ITAR認定施設
RIA認定ロボットインテグレーター
認定FANUCシステムインテグレーター
認定ABBロボティクスインテグレーター
安川電機プレミアパートナー
Qmed認定サプライヤー
お問い合わせ
会話を始めましょう

JR Automationは、世界をリードするメーカーと提携して、カスタム自動化ソリューションを設計、構築、統合しています。 当社の懸命な働きと創造性によって、皆が不可能だと思える機会を発見できることが何度も証明されてきました。

Eメールアドレス: [email protected]

電話番号:(833) 800-7630