We're excited to announce that, effective 8/3/2021, we have united our five divisional brands – JR Automation, Esys Automation, Setpoint, FSA Technologies and PSB Technologies – under the singular corporate identity of JR Automation.

Our new global website unifies our technology offerings and expertise from each of our divisions into a single solution for customers, partners, and job seekers to learn more about who we are and what we do.


All Case Studies
高処理能力創薬スクリーニング

高処理能力創薬スクリーニング

challenge

ある大手の国際的な製薬会社は、多数のプロセスを同時に扱うことができる高処理能力を持つ創薬スクリーニングシステムを必要としていました。 重いステンレス鋼の蓋を持つマイクロタイタープレートを取り扱えることが必要でした。 創薬で作動する典型的なロボットは長い直線トラック上の研究室タイプのロボットでした。 これらのロボットの最大積載量は小さく、頑丈とは言えず、遅いものでした。

solution

このシステムの18個の周辺機器のサービスを利用するために、ハイエンドのコントローラーを持つ3台の産業ロボットを使用した作業共同スキームを開発しました。 ロボット#1はライブラリーからのコンパウンド取得とヒットピッキングを担当しています。 ロボット#2は培養からの保管および取得、プロテイン調剤、プレート洗浄とコンパウンド移動を担当しています。 ロボット#3は結晶成長の監視を担当しています。

outcomes and benefits

• 13の異なる非同期のプロセス
• プロセスとプレートトラッキング
• プレート受け渡し
• 無作為に投入されたプレート用の在庫発見モード
• 蓋の取り外しと保管
• 417,000個のコンパウンド(386ウェルプレート)の保管
• 51,840回の検定のための培養(96ウェルプレート)
• 1日あたり200,000回の検定のサイクル速度
3台のロボットが協働して新しい発見のために試験プレートを監視する
Industry
Life Sciences
Technical Capabilities
Software & Data Integration Inspection & Testing Dispense Applications Vision Applications Robotics Integration Material Handling Solutions
Region
Door Hinge Robots 2

JR Automationについて

JR Automationは、インテリジェントな自動化された製造および流通技術ソリューションを提供します。 私たちは、世界をリードするメーカーが製品を製造および流通する方法を変革します。

 

私たちについてさらに知る

View More Case Studies
Request more information about the technical capabilities mentioned in this case study. We’ll also connect you with one of our sales engineers to discuss how we can use our industry expertise to create a custom automation solution for your company.
background-image